勉強における「80:20の法則(パレートの法則)」

皆さんは「80:20の法則」をご存知でしょうか?

「働きアリの法則」や「パレートの法則」とも呼ばれる法則なのですが、

「成果の8割は2割から生み出される」という法則です。

この「80:20の法則」は勉強においても用いることができます。

この法則を意識することによって、

日々の勉強を効率よく進めることができます

今回は知っておくだけで勉強の効率が随分変わってくる「80:20の法則」についてです。

この記事を読んで「80:20の法則」をマスターしましょう。

1.80:20の法則とは?

「80:20の法則」は「成果の8割は2割から生み出される」という法則で、

「働きアリの法則」や「パレートの法則」とも呼ばれます。

もともとは経済活動によく用いられる法則で、

「組織の中の2割が重要で、残り8割はその他大勢である」

「売り上げの8割は、全従業員のうち2割で生み出している」

2割の富裕層に社会の富の8割の富が集中し、

残りの2割の富が8割の低所得者層に分配されている(トリクルダウン仮説)」

などの具体例がよく用いられます。

もう少しわかりやすく説明するために、

「働きアリの法則」を詳しく述べてみると

アリのコロニーには20%のよく働くアリ、60%の普通のアリ、20%の怠け者のアリがいる。

いくつかのコロニーから20%の働きアリを集めてくると、

全てのアリが良く働くと思っていたが、20:60:20で働き者、普通、怠け者に分かれた。

このことから、

「ある集団の活動のほぼ全ては、その集団の中の20%のメンバーによってもたらされている」

ということがわかる、という法則です。

2.勉強における「80:20の法則」

さてこの「80:20の法則」なのですが、勉強においても当てはまります

僕の経験則から具体例を挙げてみると、

「テストで百点を取ろうとしたらかなり難しいけど、

すべてのテスト範囲の中で重要な2割を勉強すれば80点をとることができる。」

「大学受験で満点を取ることはかなり難しいが、

合格点である8割の点数を取るためには、2割の要点を理解すればいい」

このように勉強においても用いることができます。

また人の脳や記憶についても「80:20の法則」が働いています

じつは、

人は10割勉強したことのうち、2割を重要なものとして記憶するのです。

他の8割は重要でないこととして処理され、すぐに忘れてしまうのです。

勉強したことの2割しか記憶に残らないので、

繰り返し勉強することの重要性も分かりますね。

3.「80:20の法則」が本当に意味すること

さて、「80:20の法則」は「8割の成果を出すためには2割の努力をすればいい」

というようによく用いられますが、それは表面上の意味でしかないです。

この「80:20の法則」はもっと深いことを示唆しています

それは

「最優先事項の優先」という考えの重要性です

よく考えてみてください。

私たちが出す結果や成果の8割はたった2割の行動から生み出されるのです。

逆に、私たちの行動の8割はほとんど無駄になっているのです

つまり成果に直結する行動をほとんどやっていないのです。

この8割の行動の無駄を省き、成果に直接結びつく2割の行動を優先すれば

もっと多くの成果を出すことができるのです。

数学的に考えてみると、成果を出す20%の行動を100%にすれば、

80%の成果が5倍になり、400%となるため、

最低でも4倍の成果が得られると考えることができます

ここで成果に直接結びつく行動とは何なのかをかんがえてみましょう。

それは最優先事項です。人生において最も優先すべき事柄です

自分の将来に結びつく最優先事項を常に考えて、最優先事項のみを行う。

逆に最優先事項以外は無視する。

こうすることによって、私たちは最低でも4倍の成果を出すことができます。

私たちはかなりの時間を無駄にしています。

テレビを見てしまったり、スマホを触ってしまったり、

色々なことに手を出しすぎたり…

その「時間の無駄を省くだけ」でもっと多くの成果が出ることを

「80:20の法則」は示唆しているのです。

この「最優先事項の優先」という考え方は、

別記事:「なぜ結果がでないのか?」

でも紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

皆さんも、この「最優先事項の優先」を常に意識することで、充実した勉強生活を送ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする